アニーとしての取り組み

世界の各国にて新型コロナウイルス感染症が発生しており、

アニーでは、厚生労働省、都道府県からの情報収集に努め、その情報を元に以下の取り組みを行っております。発熱、

咳などの呼吸器症状等の症状が出現し、高齢者や基礎疾患のある方は重症化する事も懸念されております。

アニーとしましては、ご利用者は児童ですが、関係者や親族にご高齢者や基礎疾患のある方に該当されますので、感染予防の対策を明確にして対応してまいります。

なにとぞご理解とご協力のほどお願いいたします。

1. サービスを担当するすべての職員は毎日検温し状態観察をおこない、発熱や呼吸器症状があるものは、出勤を控

えます。

2. ご利用者で下記の症状がある方がおられる場合は、帰国者・接触者相談センター、保健所、医療機関、かかりつけ医師と連携をとってください。


帰国者・接触者相談センター等にご相談いただく際の目安として、少なくとも以下の条件に当てはまる方は、すぐにご相談ください。

• 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

• 重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

※高齢者をはじめ、基礎疾患(糖尿病、心不全、呼吸器疾患(慢性閉塞性肺疾患など)など)がある方や透

析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤などを用いている方

• 上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

(症状が4日以上続く場合は必ずご相談ください。症状には個人差がありますので、強い症状と思う場合に

はすぐに相談してください。解熱剤などを飲み続けなければならない方も同様です。)

ご相談は、最寄りの保健所などに設置される「帰国者・接触者相談センター」(地域により名称が異なることがあり

ます。)や、地域によっては、医師会や診療所等で相談を受け付けている場合もありますので、ご活用ください。

出典:厚生労働省ホームページ/新型コロナウイルスに関する Q&A(一般の方向け)「症状がある場合の相談や

新型コロナウイルス感染症に対する医療について」より

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html


1. 職員において、感染者、濃厚接触者、および濃厚接触者と接触したことが確認された場合、接触状況の区分を明

確にした上で、極力職員がウィルスの媒介にならないように配慮をして、その職員はサービス提供に携わりませ

ん。

2. 職員は、手洗いの徹底、マスク装着、消毒液による消毒を行う体制を整えて従事いたします。

3. ご利用者の皆様へ、毎日ご家庭で検温をお願いすると共に、来所の際にも弊社スタッフより検温の確認をさせてい

ただきます。発熱が見られた場合には、サービスの提供を控えさせていただきます。

4. 同居いている家族のうちに発熱、感染の疑いがあるものがあった場合も利用を控えていただくようにお願いしま

す。

5. 学校や他の施設を利用した際に濃厚接触の疑いがあった場合も利用を控えていただくようにお願いします

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示